元のページへ戻る >> 住宅火災の主な出火原因

住宅火災の主な出火原因

【第1位】コンロ

天ぷら油による火災 住宅火災の出火原因で一番多いのが台所のコンロからです。特に、天ぷらなどの油を使った調理中に発生する火災が多くなっています。調理中はコンロから目を放さない、もし調理中に台所を離れる時は火を消すことを徹底しなければなりません。万が一、火災が発生した時に備えて、台所には消化器を1本用意しておきましょう。
台所用消化器の備えをお忘れなく!

【第2位】放火

放火による火災発生 家の周りに燃えやすいものがあると放火を誘発する可能性が高くなります。特に、注意が必要なのが燃えるゴミのゴミ出し日です。燃えるゴミは収集日の朝に出したり、収集車が回ってくる直前に出すなどの工夫が効果的です。



【第3位】タバコ

煙草による火災発生 タバコの火はしっかりと消さないと火災の原因になります。タバコの火を完全に消すためには、灰皿に水を張っておくといいでしょう。寝タバコは絶対にやってはいけません。


【第4位】配線、配線器具、電気機器

タコ足配線による火災発生 電気の配線関係で特に危険性が高いのがタコ足配線です。ワット数の高い電気製品のプラグをひとつのタップに差して使うタコ足配線は危険です。

また、コンセントから火災が発生するトラッキング現象にも気を付けなければなりません。トラッキング現象とは、家電製品などの電源プラグをコンセントやテーブルタップに長期間差し込んでいた為に、コンセントとプラグとのすき間にゴミやホコリが徐々にたまっていき、このゴミやホコリが湿気を吸うことで、プラグの両極間で火花放電が起こり、発熱して発火に至る現象のことをいいます。トラッキング現象による火災を防ぐためには、コンセントやプラグ周りを定期的に清掃することと、使っていないコンセントにはカバーをしておくことが効果的です。

【第5位】ストーブ

火災の原因になりやすいストーブ 寒い季節に欠かせないストーブも火災の原因になりやすくなっています。ストーブの周りに燃えやすいものを置いたり、ストーブの周りで洗濯物を乾かしたりしないほうがいいでしょう。


【第6位】火遊び、たき火

火災の原因になりやすい焚き火や火遊び 火遊びやたき火も火災の原因になります。特に、空気が乾燥する冬の季節は要注意です。住宅地でたき火をしないことはもちろんですが、もしたき火をする時でも、水を用意して、念入りに火が消えたことを確認しなければなりません。


火災は起こさないことが最も大切ですが、万が一火災が起きてしまったら、自分の身を守るためにその場から逃げることが最も大切です。もし、初期の火災ならば消化器などで消化出来るかもしれません。いずれにしても、延焼による被害の拡大を防ぐために、消防署やホームセキュリティに通報しなければなりません。


ホームセキュリティは、サービス・値段・設置条件に違いがあります。
↓ 最適なホームセキュリティの無料一括資料請求はこちら ↓